宅建士 登録実務講習とは

宅建に合格された方が宅地建物取引士資格の登録申請するための講習です。(宅地建物取引に関する実務経験が2年に満たない方が対象)

宅建士 登録実務講習 期間限定割引18,000円(税込)

【A1】宅建 登録実務講習 渋谷校:スクーリング:5/2(日)・5/9(日)【申込締切:3/30(火)】
【C1】宅建 登録実務講習 横浜校:スクーリング:4/24(土)・5/1(土)【申込締切:3/20(土)】

※上記の宅建 登録実務講習は締切いたしました。

宅建士 登録実務講習の概要

宅建士 登録実務講習は宅地建物取引業法及び同法施行規則に基づき実施されます。

国土交通大臣の登録を受けた講習機関が実施する講習です。宅地建物取引に関する実務経験が2年に満たない方が、登録実務講習の修了により「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引士資格の登録申請を行うことができます。

※宅地建物取引の実務経験2年以上の方は講習を必要とせず資格登録申請が可能です。

●登録実務講習修了者証明書の交付について
修了試験に合格された方には「登録実務講習修了証」を交付します。修了試験不合格の方にも通知します。
交付した「登録実務講習修了証」は、宅地建物取引士登録の際に必要です。

宅地建物取引士証の交付申請の手順

  1. 資格試験受験地の都道府県知事宛へ申請します。
  2. 申請後交付は自治体で異なりますが、通常は即日~30日位となります。

※なお、資格試験合格から登録まで1年を超える場合、取引士証交付申請前に「法定講習」の必要があります。

<講習内容>
(1) 宅地建物取引士制度の概要
(2) 宅地建物取引士制度の役割及び義務
(3) 受付、物件調査及び価格査定の実務に関する事項
(4) 媒介契約に関する事項
(5) 宅地又は建物の取引に係る広告に関する事項
(6) 宅地又は建物の取引条件の交渉に関する事項
(7) 法第35条第1項及び第2項の書面の作成に関する事項
(8) 宅地又は建物の取引に係る契約の締結に関する事項
(9) 宅地又は建物の取引に係る契約の履行に関する事項
(10) 宅地又は建物の取引に係る資金計画及び税務に関する事項
(11) 紛争の防止に関する事項
(12) 取引の目的となる宅地又は建物の調査手法に関する事項
(13) 第35条第1項及び第2項に規定する説明の実施に関する事項
(14) 宅地又は建物の取引に係る標準的な契約書の作成に関する事項

受講料・登録実務講習詳細・日程ダウンロード

通常料金 21,000円 (税込)
春の割引価格 18,000円 (教材・送料・税込)
特別割引期間 横浜校3/20・渋谷校3/30まで

【A1】宅建 登録実務講習 渋谷校【申込締切:3/30(火)】:教材発送日4/1、スクーリング:5/2(日)・5/9(日)
【C1】宅建 登録実務講習 横浜校【申込締切:3/20(土)】:教材発送日3/23、スクーリング:4/24(土)・5/1(土)

※上記の宅建 登録実務講習は締切いたしました。

宅建士 登録実務講習詳細・日程ダウンロード(PDF)

申込方法

【STEP1】および【STEP2】の完了をもってお申し込み完了となります。

【STEP1】
下記の合格証書送信フォームにて「宅地建物取引士資格試験 合格証書のデータ・写し」を弊社までお送りください。送信完了後、【STEP2】に進み、登録実務講習お申込み手続きおよび決済をしてください。

●宅建合格証書送信フォーム:「宅地建物取引士資格試験 合格証書 画像データまたはPDFデータ」を下記の宅建士 登録実務講習 合格証書 送信フォームから送信ください。送信完了後、【STEP2】に進み、登録実務講習お申込み手続きおよび決済をしてください。

宅建合格証書送信フォーム

【STEP2】
宅建士 登録実務講習申込サイトより必要事項入力および購入手続き・決済を完了してください。

【重要】宅建 合格証書のアップロードのみでは手続き完了となりません。宅建士 登録実務講習申込サイトより購入手続き・決済を完了してください。

宅建士 登録実務講習申込後の日程および会場の変更・キャンセル・返金はできません。

宅建士 登録実務講習申込サイト
「合格証書」送信手続きが完了しましたら下記のボタンより宅建士 登録実務講習のお申込み手続きを完了してください。

宅建士 登録実務講習お申込みはこちら

登録実務講習WEB講習ログインページ

下記より教材等とお送りしました「TOP宅建学院 登録実務講習 Web講習 ご利用のご案内」に記載のユーザー名・パスワードをご入力の上ログインしてください。